迷い込んだのは

ピントリングを動かす指先が軽やかだったのは、久しぶりに迷い込んだマクロの世界が華やかな色に満ち溢れていたからなんでしょうね。赤に白が混ざる花色のアネモネは特に秀逸で、それはまるで飴細工のような質感。そう言われると、なんと […]

シクラメンの虜

ここに来ると無意識に探してしまうのがシクラメンの温室。いえ、探してしまうというより、知らぬ間にふらふらと吸い寄せられるような感覚でしょうか。気がつくとシクラメンの前にいて、夢中でファインダーを覗いているという顛末。うまく […]

如雨露先に寄る心

如雨露の先が妙に気になるということもあるものですね。寄れるレンズを装着していると特にそう。いろんなモノが気になって、ぐいぐいと寄ってしまう習性。絞り開放の緊張感もクセになりそうで(笑

シクラメンの幻想世界

この季節に温室を訪れる理由。独特の香りが充満するハウスに入った途端、気分はすでにおやゆび姫のよう。極端に狭い通路にしゃがみ込んで、シクラメンの世界を旅します。僅かに射し込むやわらかい光が、幻想的な雰囲気を演出して・・・。