寄り道は続く

久しぶりに早起きしたのは、曼珠沙華の群生地へ行くのが目的だったハズなんですけどね。ニワトリと犬に別れを告げて群生地へ直行する予定が、ワタシとカエルさんを乗せたハスラーはまたもや途中停車している様相。田んぼの縁を彩る曼珠沙...

朝露の清爽

朝イチで曼珠沙華に会いに行った日、犬たちに吠えたてられながら狙っていたもう一つの被写体。キラキラと輝く朝露の煌めきは、この時間でなければ巡り会えない風景ですよね。玉ボケが映えるようにピントリングを行ったり来たりさせて、い...

鮮紅

朝イチで曼珠沙華に会いに来たのは、こういう風景に出会いたかったからなんですよね。朝のひかりが差し込んで、まだ少し残っている朝露が輝きを増す紅の世界。ちょっとだけの寄り道のつもりだったのですが、ワタシの写欲はもうそれなりに...

朝の喧騒と曼珠沙華の輝き

昇り始めた朝日に照らされた曼珠沙華の輝きは、目的地へ向かうハスラーを寄り道させるのに相応しい美しさ。向かいの小屋ではニワトリたちがけたたましく鳴いて、カメラを持って辺りをうろつくワタシは犬たちにこれでもかと吠えたてられま...

枯れ蘇鉄の美

蘇鉄の鋭い質感というのはかなり好みでよくカメラを向けるのですが、完全に枯れてしまっている情景を撮るのは初めてかもしれません。しかも、散り落ちた紅葉を着飾って、まるでオブジェのような趣き。その美しさといったら、カエルさんと...

手水舎のひとひら

手水舎にひとひらの銀杏の葉。ちょうどいい具合に陽が射してきたところで一枚拝借。シャッターを切った後で自身の身を清めていないことに気づいたのですが、それはもう後の祭り。この一枚の出来に免じて仏様も許してくださるでしょう、と...