枯れかけの叙情

枯れ姿には写欲を掻き立てられます。個人的には紫陽花の枯れ姿が一番好きなのですが、蓮の葉の其れもなかなかどうして侮れません。枯れかけの佇まいが余計に叙情を助長して。

撮り損ねの回想

そういえば、今年も蓮の花を撮り損ねたわけですが、辛うじて蕾の頃に撮ったものが一枚。年々暑さに弱くなるだけに、蓮池とは疎遠になるばかり。季節ハズレだとは思いつつ、下書きのままでは忍びないので。