逃げないの?

じわりじわりと近寄って、「まだイケる」と思ったら逃げられましたというよくあるパターン。のハズだったのですが、一向に逃げないどころか、緻密にピント合わせをする時間的余裕まで与えてくれる気の利いた彼(彼女?)。撮り終わってか...

早朝写真のススメ

午前5時。iPhoneのアラームが鳴ると同時にパチンと目が覚めたのは、前日の悔しさがあったからでしょうか。とりあえず、早朝に出掛けて暑さと密の回避を図る作戦。結果、その効果は絶大で、早朝の弁天池はほぼ貸し切り状態だったの...

迷い込んだのは

ピントリングを動かす指先が軽やかだったのは、久しぶりに迷い込んだマクロの世界が華やかな色に満ち溢れていたからなんでしょうね。赤に白が混ざる花色のアネモネは特に秀逸で、それはまるで飴細工のような質感。そう言われると、なんと...

シクラメンの虜

ここに来ると無意識に探してしまうのがシクラメンの温室。いえ、探してしまうというより、知らぬ間にふらふらと吸い寄せられるような感覚でしょうか。気がつくとシクラメンの前にいて、夢中でファインダーを覗いているという顛末。うまく...

如雨露先に寄る心

如雨露の先が妙に気になるということもあるものですね。寄れるレンズを装着していると特にそう。いろんなモノが気になって、ぐいぐいと寄ってしまう習性。絞り開放の緊張感もクセになりそうで(笑