アンテナと名残りの色

薄暮に包まれた海辺の街で、鮮やかに染まった名残りの色を堪能する贅沢。絹のような肌触りの夕空はそれだけでもうっとりとするほど素晴らしいのですが、昭和感溢れるアンテナのシルエットと共演させてみたりするとさらに情緒豊かになった...

朝の宝石箱

曼珠沙華を飾る朝露もそろそろ終わりを迎え、やっと目的地へ向かうことになろうかという矢先でした。カエルさんのコンデジが狙いを定めていたのは、数多の水滴を纏ったスギナの姿。朝日を浴びて白銀に輝くその姿はあまりにも美しくて、そ...

寄り道は続く

久しぶりに早起きしたのは、曼珠沙華の群生地へ行くのが目的だったハズなんですけどね。ニワトリと犬に別れを告げて群生地へ直行する予定が、ワタシとカエルさんを乗せたハスラーはまたもや途中停車している様相。田んぼの縁を彩る曼珠沙...

朝露の清爽

朝イチで曼珠沙華に会いに行った日、犬たちに吠えたてられながら狙っていたもう一つの被写体。キラキラと輝く朝露の煌めきは、この時間でなければ巡り会えない風景ですよね。玉ボケが映えるようにピントリングを行ったり来たりさせて、い...

続・アラームの夕景

あれからほぼ一ヶ月。最初のうちはアラームが鳴る毎に出窓から空を眺めていたのですが、出窓から眺める景色が変わらないだけに、よっぽど印象的じゃないとカメラを向けることもなくなりますよね。そして、最近はアラームが鳴ってもスルー...

鮮紅

朝イチで曼珠沙華に会いに来たのは、こういう風景に出会いたかったからなんですよね。朝のひかりが差し込んで、まだ少し残っている朝露が輝きを増す紅の世界。ちょっとだけの寄り道のつもりだったのですが、ワタシの写欲はもうそれなりに...