仕舞い込んだ夕空

更新しようと思って現像したまではよかったのですが、筆が進まなくて下書きフォルダに入ったままの記事がちらほら・・・と。こりゃイカンと見返してみたところ、10月に撮った一枚が目に留まったのでした。休日に出窓から撮ったのは間違

街路樹の夕景色

11月最後の休日は、暮れ色のグラデーションと街路樹の彩りが印象的な日でした。紅葉に肩透かしを食らって帰路に着くワタシに、神様からの粋な贈り物。落胆するワタシがよっぽど不憫に見えたのか、それとも、ただの気まぐれなのかは知る

厠の秋

今年は遅れてそうだから、一週間ほどズラしてみようか。そんなことを考えていても、結局はいつもと同じように出掛けることになるものですね。ただ、「偵察」という名目だったハズなのに、色づきがかなり進んでいたのは予想外。毎年立ち寄

お約束のアレ

雨は降り始めるし、日暮れまであと20分ほどだし、そろそろ撤収するかというところで思い出したアレ。毎年のように撮っているお約束のアレですが、見頃の綺麗なところだけをフレーミングするよりも、少し終わりかけた花を入れた方が圧倒

雨女と曼珠沙華の谷

9月半ばの3連休初日。台風も近づいて来ているし、ちょっとした遠出の予定もキャンセルして家でおとなしくしてたんですけどね。それなのに、降り出しそうで一向に降らない雨。それならば・・・と、カメラバッグを積み込んで向かったのは