ブーゲンビリアは枯れ落ちて

窓際で咲くブーゲンビリアが枯れ落ちた姿は、無性にワタシの琴線に触れるのでした。惜しむらくは、これ以上寄れない場所に落ちていたことと、朽ちゆきて繊維質になった姿を期待して訪れた際に休館だったこと・・・ですかね。

再会のオステオスペルマム

とある教会の花壇に咲いていたオステオスペルマム。春の花ではハナニラと並んで大好きな花です。家の近所で群生していた場所がなくなってから撮る機会が激減していたのですが、意外な場所での再会に心が弾みました。ただ、久しぶり過ぎて...

紫木蓮の魅力

枝の造形美と鮮やかな色彩。そんな紫木蓮にはいつだって魅了されるのですが、絵の具が滲んだように見える花色は特に素敵で、時間を忘れていつまでも眺めていたいと思うのです。

迷い込んだのは

ピントリングを動かす指先が軽やかだったのは、久しぶりに迷い込んだマクロの世界が華やかな色に満ち溢れていたからなんでしょうね。赤に白が混ざる花色のアネモネは特に秀逸で、それはまるで飴細工のような質感。そう言われると、なんと...