いい流れ

夜勤が明けた日の夕暮れに写真を撮りに出かけたりすると、けっこうな確率でいい景色に巡り合うというのがここ最近のいい流れ。この日の空も雲の表情が豊かで、こんな日は特に水面に映り込む夕景などを狙いたくなりますよね。それならばと...

静寂の綱掛岩

ちょっとだけのつもりで寄り道した水仙畑が予想以上に楽しかったもので、車に戻ったときにはもう日没が迫っているという大誤算。「あと15分くらいで行けるかなぁ?」「う〜ん、なんとか間に合うんじゃない?でも、コンビニ寄って。」と...

アンテナと名残りの色

薄暮に包まれた海辺の街で、鮮やかに染まった名残りの色を堪能する贅沢。絹のような肌触りの夕空はそれだけでもうっとりとするほど素晴らしいのですが、昭和感溢れるアンテナのシルエットと共演させてみたりするとさらに情緒豊かになった...

続・アラームの夕景

あれからほぼ一ヶ月。最初のうちはアラームが鳴る毎に出窓から空を眺めていたのですが、出窓から眺める景色が変わらないだけに、よっぽど印象的じゃないとカメラを向けることもなくなりますよね。そして、最近はアラームが鳴ってもスルー...

空色は秋の風味

仕事帰りに見えた西の空がやけに意味深に感じた日に、カエルさんを誘って夕景の散策へ。台風一過、雨上がりの日ということで大きな水溜りに夕空のリフレクションを狙っていたのですが、期待して訪れた場所には期待ハズレの風景。「あれ?...

アラームの夕景

最近、19時前くらいになるとカエルさんのiPhoneがアラームを鳴らすんですよね。最初のうちはあまり気にしてなかったのですが、毎日そうだと流石に気になって尋ねますよね。「え?わからん??コレよ、コレ。」と、iPhone片...