静寂の綱掛岩

ちょっとだけのつもりで寄り道した水仙畑が予想以上に楽しかったもので、車に戻ったときにはもう日没が迫っているという大誤算。「あと15分くらいで行けるかなぁ?」「う〜ん、なんとか間に合うんじゃない?でも、コンビニ寄って。」と […]

続・届かぬ想い

水仙畑から帰る道すがらバケツに張られた水を眺めてみたのは、その昔にこんなシュチュエーションに出会っていたから。ジワリジワリと角度を変えながら覗く先には、水鏡に写った水仙の姿。そしてまた、思い出すのは神話に出てくるワンシー […]

水仙畑で時世を憂う

丘のてっぺんで小さなベンチに腰掛けながら、水仙の甘い香りを楽しむひととき。いつもより香りが弱いと感じるのは、無粋なマスクが邪魔をしているからでしょう。「いつになったらマスクがいらない世界に戻るのかねぇ・・・」などと水仙畑 […]

竹林と紅葉

大宝寺の紅葉は毎年のようにのんびりとしていて、この時期に訪れてもまだ鮮やかな秋の色を楽しめたりするのです。とりわけ、石段手前の竹林と紅葉のコラボレーションが絶品で、きらきらと煌めくオレンジ色は風に揺れるひかりのカーテンの […]

山茶花の曲がり角

平日の休日に散歩がてら訪れる松山総合公園。誰も遊んでくれない遊具たちの脇をすり抜けて、目前に迫るヘアピンカーブを曲がったところでカメラを構える必然。石垣を飾る山茶花の花と地面を彩る花びらの風情。そして何より、鈍く輝く葉の […]