残照の時間を漂って

艶っぽく染まった色もひと段落して、夜の色が少しずつ迫ってくる時間。「もうこれ以上はなさそうだから、晩メシ買って帰ろうか?」と、少し離れた場所で撮影に勤しむカエルさんにLINEしようとした途端に染まる空は、ワタシたちを引き […]

落ちて濃艷

橋の上から西の空を眺めながら、徐々に色がつき始めたときの高揚感といったらもう。「あれ?もしかしたらくる?」となれば、晩メシのことを考え始めていた頭を撮影のほうにシフトチェンジする必要がありそうです。今年は少し違う場所から […]

水紋の手水舎

参道に何千本もの紫陽花が咲くお寺の手水舎の素敵。それは、当然のごとく色とりどりの紫陽花で彩られていたのですが、そんな紫陽花の彩りより水紋の見事さに心を奪われての一枚。参道の紫陽花がほとんど咲いていなかったのは残念ですが、 […]

咲く年の紫陽花

昨年は一輪も咲かなかった実家の紫陽花。何年か前の母の日に贈った鉢植えのその紫陽花は庭の片隅に植えられ、年によって咲いたり咲かなかったりを繰り返しているのですが、どうやら今年は「咲く年」だったようです。淡く柔らかい花色と水 […]

再訪の水田地帯は

早く着き過ぎて持て余した時間もそろそろ潮時。前回は淡く染まる情景を見せてくれた双海の棚田ですが、できればオレンジ色に染まる情景も・・・という切なる思いでの再訪でした。吹き抜ける爽やかな風。カエルたちが奏でる叙情的なメロデ […]

残照のグラデーション

「くるかな?」と待ち続けても、ほとんどの場合はハズレるんですけどね。けれど、たまにはアタリを引くことだってあるわけで、この日はまさに「アタリ」の日。徐々に深みを増していくそのグラデーションは、一日の終わりを飾るに相応しい […]