落ち葉を愛でる

枝の造形美を楽しんだ後は、枯れて散る落ち葉を愛でる時間。鈍色に敷き詰められた絨毯は寺院の荘厳な雰囲気と相俟って、心が鎮まるような風景なのでした。

枝振りを楽しむ

如法寺の境内に一本の紅葉の樹。真紅の色づきはすでに終盤に差し掛かっていて、残っている葉は疎ら。もう少し早めに訪れていれば・・・と思わなくもないのですが、枝の造形美を楽しむには最高のタイミングだったのかもしれません。

秋空は欲張りの方がいい

緊急停車した銀杏の林。秋晴れの空は銀杏の黄色を爽やかに見せるのですが、それと同様にカエデの紅色をより鮮やかに染めるのでした。欲張りなワタシはその両方をカメラに収めて、満足げに銀杏の林を立ち去ったのです。

足下の彩り

サクサクと音を立てて歩く遊歩道。秋晴れの空に映える紅葉が素晴らしくてついつい上ばかりを見上げがちですが、足下にも秋の彩りが落ちているかもしれませんよ。