雪の花咲く

その昔、友人と歩いた冬晴れの雪山。白い樹林を抜けると、澄み渡る空に雪の花が咲く情景。滅多に目にしない幻想的な風景を前に先程までの会話は途切れ、聞こえてくるのは自分たちの足音とシャッターの音だけ・・・なのでした。

白い樹林をゆく

寒波がやってくる時期になると必ず思い出すのがこの情景。もう10年ほど前になるのでしょうか。フジカラー時代の友人と久しぶりに会って、「一眼レフ買ったので一緒に何処か行きませんか?」と持ちかけられた記憶。「じゃあ、樹氷でも見 […]

廃バスは芸術だ

その昔、DP2sを手に入れた頃に撮った一枚。中学時代の友人とふたりでドライブ中、佐田岬半島を目指す道すがらに見つけた被写体。この時期はFOVEONセンサーの質感描写に感銘を受けていて、”そんな感じ”に写りそうな被写体ばか […]

何年か前に庚申庵で出会った和傘の彩り。淡い紫色が初夏の風に揺れる庭園は、藤の花を愛でる人々で賑わっていました。またいつか、そんな光景を見れることを切に願いながら。

夕彩の叙情

数年前に撮った菜の花の夕彩。カラーバランスが崩れる時間帯はすべてが叙情的に見えるものですが、オレンジに染まる菜の花の色はより一層琴線に触れるような気がします。

枯れ蘇鉄の美

蘇鉄の鋭い質感というのはかなり好みでよくカメラを向けるのですが、完全に枯れてしまっている情景を撮るのは初めてかもしれません。しかも、散り落ちた紅葉を着飾って、まるでオブジェのような趣き。その美しさといったら、カエルさんと […]