そして虹が立つ

徐々に見えなくなる向日葵たちの表情を眺めながら、名残惜しさが募る刻。賑やかさも収束してそろそろ帰路につこうと思ってみても、まだ何か撮れるかも・・・と、なかなかその気になれないのでした。そして、そんなワタシの心を読むように […]

終いの情景

山陰に隠れてしまった太陽と首を垂れた向日葵たち。そして、帰路に着く人々の群れ。例えるなら蛍の光が流れていそうなそんな雰囲気の中、背丈がまちまちなひと区画に引き寄せられたのでした。残照は流れる雲に表情を与えて、けれど、その […]

重い腰を上げて

「ちょっとコレ見て。ここ何処か知ってる?」とカエルさんに見せられたInstagramの投稿は、エアコンの効いた部屋でぐうたら過ごすワタシの重い腰を上げさせるのに十分な素敵さなのでした。金曜日の休日、カエルさんの帰宅を待っ […]

焼けない夕空とひぐらしの声

手持ち無沙汰の時間をなんとか乗り切って、お気に入りの場所で焼けるハズの空を待つひととき。いつの間にかカエルさんも合流して、あとは焼けるのを待つばかり。・・・だったのですが、昨年のような見事な夕焼けはそうそう巡り会えるもの […]

待つ時間の手持ち無沙汰

暑いですねぇ。これだけ暑いと、昼間に撮影に出掛けようなんて気にはなかなかなりません。なので、ここ最近の休日はエアコンの効いた部屋でダラダラと過ごしていることが多いのですが、カエルさんの実家から「スイカ取りに帰らん?」など […]

真際の肖像

帰る間際に、もう一度だけ蓮池をひと回り。すると、通路のすぐ脇で何かを訴えてくる蕾がひとつ。他の蕾たちとは佇まいを異にして、その雰囲気は独特なものなのでした。咲きひらく間際だったのか、はたまた衰残の間際だったのかはわかりま […]