離愁の空

水面でゆらゆらと揺らぐ雲を眺めているうちに染まってゆく西の空。アレコレとフレーミングを模索して、気の向くままにシャッターを切る心地よさ。そして、帰路を急ぐ車がひと段落した頃に写した一枚は、離愁を湛えた空模様に心惹かれて撮...

変わり紫陽花は荘厳に

紫陽花の季節なのに、わりと紫陽花を撮っていないという今シーズン。リフレクションばかりにうつつを抜かして紫陽花を蔑ろにしていたという説が有力ですが、雨の中、大洲の紫陽花寺まで赴いてみたり、河之内の紫陽花神社に足を運んでみた...

紫陽花の葉の素敵

紫陽花の季節ですね。梅雨の時期のジメジメとした気候はあまり得意ではないのですが、紫陽花が咲くという事実だけで許せてしまうかもしれません。ということで、紫陽花は大好きな花なのですが、実は葉っぱのほうも大好物で、肉厚の葉に光...

リフレクションはやめられない

待望した眺望をひとしきり眺めた後で、この素晴らしい水鏡を間近で堪能したいと思うのは言わずもがな。橋の上から田んぼの畦道まで移動して、ゆらゆらと揺らぐ雲を愛でる至高のひととき。グラデーションだけが映り込む世界も素敵ですが、...

待望の眺望

夜勤が明けた日の午後、軽〜い睡眠から目覚めたワタシが目にしたものは、雲の調子が抜群な空。「待ってました!!」と辿り着いたのは、通勤途中に見つけた河口近くの田んぼの風景。印象的な雲を映す水鏡を目前に、「さて、どう撮ってやろ...