迷い込んだのは

ピントリングを動かす指先が軽やかだったのは、久しぶりに迷い込んだマクロの世界が華やかな色に満ち溢れていたからなんでしょうね。赤に白が混ざる花色のアネモネは特に秀逸で、それはまるで飴細工のような質感。そう言われると、なんと […]

シクラメンの虜

ここに来ると無意識に探してしまうのがシクラメンの温室。いえ、探してしまうというより、知らぬ間にふらふらと吸い寄せられるような感覚でしょうか。気がつくとシクラメンの前にいて、夢中でファインダーを覗いているという顛末。うまく […]

余韻の秋桜

何故だかわからないけれど、ちょっとだけしっくりこなくて公開ボタンを押せないときってありますよね。そういう記事って大概の場合はある程度の期間を過ぎれば削除してしまうのですが、どうしても後ろ髪引かれるものもあるわけです。数年 […]

名脇役

曼珠沙華を語る上で欠かせないのが、黄緑色のコイツ。透明感溢れる佇まいとスラっと伸びた容姿に目を奪われます。主役(花としべ)がいないと話が成り立たないのは勿論ですが、コイツがいないと作品の魅力は半減する…そんな存在でしょう […]