隠れ蕾のシルエット

蓮の葉に光が透過する姿は魅力的で、葉脈がくっきりと浮かび上がっている様を見るとどうしようもなく撮りたい衝動に駆られます。しかも、葉に隠れている蕾のシルエットがセットで付いてくるとなれば尚更で、どのカメラでどんなイメージで […]

絵になる被写体

見つけると徐ろに三脚を立てたくなる被写体というのがいくつかあって、ギボウシの群生などはその中のひとつ。白ラインの縁取りが印象的で、どんな感じに仕上げようかと想像しながら撮るのも楽しいところ。今回は少し絵画的に仕上げてみた […]

変わり紫陽花は荘厳に

紫陽花の季節なのに、わりと紫陽花を撮っていないという今シーズン。リフレクションばかりにうつつを抜かして紫陽花を蔑ろにしていたという説が有力ですが、雨の中、大洲の紫陽花寺まで赴いてみたり、河之内の紫陽花神社に足を運んでみた […]

リフレクションはやめられない

待望した眺望をひとしきり眺めた後で、この素晴らしい水鏡を間近で堪能したいと思うのは言わずもがな。橋の上から田んぼの畦道まで移動して、ゆらゆらと揺らぐ雲を愛でる至高のひととき。グラデーションだけが映り込む世界も素敵ですが、 […]

待望の眺望

夜勤が明けた日の午後、軽〜い睡眠から目覚めたワタシが目にしたものは、雲の調子が抜群な空。「待ってました!!」と辿り着いたのは、通勤途中に見つけた河口近くの田んぼの風景。印象的な雲を映す水鏡を目前に、「さて、どう撮ってやろ […]

お裾分けの色彩

ひとしきり蓮池を探索した後、「さて、今日の夕景は何処で過ごしてみようかな?」などと考えながら駐車場に戻ってみると、写欲をソソラレル色彩が停まっていました。「先ほど本堂ですれ違った夫婦かな?」と思いつつ、「それならちょっと […]