油絵の夕空

夕暮れ時、渋滞を避けるつもりでいつもと違う道を走ってみただけなんですけどね。 いいロケーションに巡り会うときは、意外とこういうものなのかもしれません。 離合できそうにない細道を抜けると、油絵のような空に印象的なシルエット […]

港によくある情景

視界の中に多少の違和感を感じて二度見すると、そこに居たんですよ。 けれど、そんな違和感もスーッと消え去り、自然な風景に思わせる猫の神通力。

鞆の浦でふぉんと萌え

先日、ふと思い立って、ふらり鞆の浦へと出掛けてみました。 到着したのは日が暮れる少し前で、散策する時間もあまりなかったのですが、古い町並みの景観を楽しむには十分でした。 内子とはまた少し違った雰囲気で、海沿いならではの開 […]

焼ける気配

夕焼けが来そうで出掛けたけれど、西の空を覆い尽くす分厚い雲を見て諦めることがよくあるんですよね。 そして、そういうときのほうが、予想に反してよく焼けることが多かったりする印象。 結局、焼けはじめて撮影ポイントに向かうので […]

蕾の数だけ

いくら蕾が好きだといっても、毎年同じように撮っていたら飽きるでしょ。 なんて言われるわけですが、全然そんなことはないわけです。 むしろ、蕾の数に比例して、指先がレリーズする回数は多くなってゆき・・・。 そう、今年の弁天池 […]

つぼみ

少しずつ少しずつ。 ほんの少しずつだけれど、花と蕾のバランスがワタシの中で崩れてきているように感じるのです。 例年より花数の多い蓮池で、気がつけばレンズは蕾を向いていることにハッとしたり。