ギボウシの秋色

金毘羅寺の石段を登って鐘撞堂の空を見上げてみても、まだ色づいていない葉の傘が見えるだけで立ち尽くすワタシ・・・。と、今年はタイミングに恵まれなかった湾曲の樹ですが、そんなワタシを慰めるように石段の脇には小さな秋の色が。ギ […]

ほろ酔い加減

いわゆる枯れ色とはひと味違う落ち着いた色彩に癒されるひととき。お気に入りのカエデの樹の下でひとしきり頭上を眺めて、最後に行き着くのはやはりこの彩り。そのワインレッドに似た深い色気を眺めていると、ファインダー越しにでもほろ […]

色彩の色々

お気に入りのお寺とお気に入りの神社を繋ぐ小さな小さな橋。その辺りに佇むのが、赤系モミジのお気に入りの一本。樹の下に潜り込んで見上げる色彩は、紅だったりオレンジだったり薄い茶色だったり。光の加減だったり葉の重なりで見え方が […]

手水舎のひとひら

手水舎にひとひらの銀杏の葉。ちょうどいい具合に陽が射してきたところで一枚拝借。シャッターを切った後で自身の身を清めていないことに気づいたのですが、それはもう後の祭り。この一枚の出来に免じて仏様も許してくださるでしょう、と […]

着地の妙

金毘羅寺には落ち葉が着地するのにもってこいの場所がありまして、うまく着地しているモノを見つけたときの嬉しさといったらもう。

安堵の一枚

西山興隆寺を後にしたワタシとカエルさんが次に向かったのは、東温市河之内にある金毘羅寺。鐘撞堂の紅葉が色づいていないのは予想通りだったのですが、毎年真紅に色づく抜け道のカエデの樹がすでに散っていたのは全くの想定外。あまりの […]