寂れてゆくもの

カエルさんの実家に帰省すると、必ずと言っていいほどカメラを持って出掛けます。 変わらない景色に安心感を覚えながら、そんな景色をカメラに記憶させながら。 そして、徐々に寂れてゆくものに語りかけられるような感覚に包まれながら...