残光わずかに

今年も訪れた泉谷の棚田。 あいふぉんの天気アプリの予報では、バッチリと晴れマークがついていたのですが、そうそう上手く運ぶわけはありませんよね。 夕刻が近づくにつれ姿を現わす分厚い雲の層。...

水鏡

日没から15分後、誰もいなくなった棚田ではグラデーションの上映会。 静かにシャッターを切りながら、終りの余韻にひたるひととき。

いつものように

近くまで来たから・・・と、理由もなく寄ってみたカエルさんの実家。 いつものように野菜をもらって、いつものように夕景を眺めて。 そしておそらく、一週間後にも同じように夕景を眺めて写真を撮っているのだろうと思いながら。

薄紫に染まるころ

夜が忍び寄ってきて好みの色に染まり始めると、三脚を担いで河原までダッシュしてしてしまいますよね。 そして、つるつると滑る石ころのうえで液晶画面を眺めながら、薄紫の世界に酔いしれる寸刻の幸せ。

第一印象

まだまだ手探りですが、相性はいいような気がします。 とりあえず、フロントビューがお気に入り。 あと、コーナーは攻めるべきではない・・・かな?