油絵の夕空

夕暮れ時、渋滞を避けるつもりでいつもと違う道を走ってみただけなんですけどね。 いいロケーションに巡り会うときは、意外とこういうものなのかもしれません。 離合できそうにない細道を抜けると、油絵のような空に印象的なシルエット...

残る色

刻々と変化する夕暮れの空でしたが、最後に撮った一枚がお気に入り。 残る色の妖艶さ。 陽が落ちて数十分、空腹を我慢して待っていたのは、この情景を見たかったからなのでした。

夕暮れの空は刻々と

焼け始めてから向かうと、いつもならギリギリアウトなのですが、今回は見事に頃合い。 刻々と変化する空の色と雲の情景を眺めながら、ときどきレリーズ。 どの一瞬も捨てがたいので、枚数多めのエントリーで。

焼ける気配

夕焼けが来そうで出掛けたけれど、西の空を覆い尽くす分厚い雲を見て諦めることがよくあるんですよね。 そして、そういうときのほうが、予想に反してよく焼けることが多かったりする印象。 結局、焼けはじめて撮影ポイントに向かうので...

夕刻の記憶

そういえば、昨年の夏はヒグラシの声があまり聞こえなかった夕刻の記憶。 今年はどうかと少し心配しながらの定点観測でしたが、せつなく響くヒグラシの声はいつもどおりの音量でひと安心。 クルマのシルエットが少し違ったようでしたけ...