ひまわり畑の名残惜しさ

駐車場にポツンと取り残されたハスラーに辿り着くまでの数分間に、いったいどれくらい立ち止まったのでしょう。撮っては歩き撮っては歩きを繰り返して、それでも名残惜しさは募るばかりで。

終いの情景

山陰に隠れてしまった太陽と首を垂れた向日葵たち。そして、帰路に着く人々の群れ。例えるなら蛍の光が流れていそうなそんな雰囲気の中、背丈がまちまちなひと区画に引き寄せられたのでした。残照は流れる雲に表情を与えて、けれど、その […]

重い腰を上げて

「ちょっとコレ見て。ここ何処か知ってる?」とカエルさんに見せられたInstagramの投稿は、エアコンの効いた部屋でぐうたら過ごすワタシの重い腰を上げさせるのに十分な素敵さなのでした。金曜日の休日、カエルさんの帰宅を待っ […]

焼けない夕空とひぐらしの声

手持ち無沙汰の時間をなんとか乗り切って、お気に入りの場所で焼けるハズの空を待つひととき。いつの間にかカエルさんも合流して、あとは焼けるのを待つばかり。・・・だったのですが、昨年のような見事な夕焼けはそうそう巡り会えるもの […]

暴風と絶景

いくら待っても風は止みそうにないし、そもそも、これ以上待つと夕焼け終わってしまうし。ということで、意を決して突風が吹きつける中に三脚を立てて、それでもビリビリと振動するのを両手で押さえつけてなんとか撮れた一枚がコチラ。カ […]

パノラマの夕焼け

鮮やかに焼けて雲の表情も最高なのに、荒れ狂う風のせいで避難所と化した展望台。まともに目は開けられず、気を抜くとカメラをセットした三脚すら吹き飛ばされそうな状況。そして、たまに聞こえるカエルさんの悲鳴。となれば、「少しでも […]