焼けない夕空とひぐらしの声

手持ち無沙汰の時間をなんとか乗り切って、お気に入りの場所で焼けるハズの空を待つひととき。いつの間にかカエルさんも合流して、あとは焼けるのを待つばかり。・・・だったのですが、昨年のような見事な夕焼けはそうそう巡り会えるもの […]

待つ時間の手持ち無沙汰

暑いですねぇ。これだけ暑いと、昼間に撮影に出掛けようなんて気にはなかなかなりません。なので、ここ最近の休日はエアコンの効いた部屋でダラダラと過ごしていることが多いのですが、カエルさんの実家から「スイカ取りに帰らん?」など […]

暴風と絶景

いくら待っても風は止みそうにないし、そもそも、これ以上待つと夕焼け終わってしまうし。ということで、意を決して突風が吹きつける中に三脚を立てて、それでもビリビリと振動するのを両手で押さえつけてなんとか撮れた一枚がコチラ。カ […]

パノラマの夕焼け

鮮やかに焼けて雲の表情も最高なのに、荒れ狂う風のせいで避難所と化した展望台。まともに目は開けられず、気を抜くとカメラをセットした三脚すら吹き飛ばされそうな状況。そして、たまに聞こえるカエルさんの悲鳴。となれば、「少しでも […]

荒れ狂う風の中で

カエルさんが雲を創造し終わると、急いで本来の目的地へクルマを走らせます。フロントガラス越しに垣間見える空は刻一刻と彩りを濃くして、ワタシたちの到着を待つばかり。至近距離にクルマを停めて、三脚を担いで階段を駆け上った展望台 […]