夕照の余韻に包まれて

穏やかな海辺の眺めが夕照の余韻に包まれて、土手沿いのあちこちでシャッター音が響き渡る時間。ジョギング中のカップルも犬の散歩のおじさんも、少し立ち止まってその色に染まるひととき。

暮れ残りの余情

偶然見つけたロケーションはちょっと大きめの水溜りのようで、岸辺のシルエットなどは特に目を引くプロポーション。そして、そこに暮れ残る空の色が落ちる余情。ファインダーを覗きながら、つくづくいい時間だなぁ、と。

いい流れ

夜勤が明けた日の夕暮れに写真を撮りに出かけたりすると、けっこうな確率でいい景色に巡り合うというのがここ最近のいい流れ。この日の空も雲の表情が豊かで、こんな日は特に水面に映り込む夕景などを狙いたくなりますよね。それならばと […]

空色は秋の風味

仕事帰りに見えた西の空がやけに意味深に感じた日に、カエルさんを誘って夕景の散策へ。台風一過、雨上がりの日ということで大きな水溜りに夕空のリフレクションを狙っていたのですが、期待して訪れた場所には期待ハズレの風景。「あれ? […]

向こう岸の風景

焼けそうな夕暮れにいつもの河口。ぶらぶら歩いてみるものの、行き着く先はいつもの場所。「またこの場所やね。たまには向こう側にでも行ってみる?」とカエルさん。「それがいいかもしれんねぇ。」と賛同して橋を渡るのですが、何故だか […]

水辺は夕映えて

いつ来ても、何回撮っても飽きない風景というものはあるもので、この場所なんかはまさにそう。水面に映る夕暮れの色にいつも心惹かれるのですが、今回は少ない水量が面白いコントラストを演出してくれました。岩肌に付いた藻がツルツルと […]