空色は秋の風味

仕事帰りに見えた西の空がやけに意味深に感じた日に、カエルさんを誘って夕景の散策へ。台風一過、雨上がりの日ということで大きな水溜りに夕空のリフレクションを狙っていたのですが、期待して訪れた場所には期待ハズレの風景。「あれ? […]

向こう岸の風景

焼けそうな夕暮れにいつもの河口。ぶらぶら歩いてみるものの、行き着く先はいつもの場所。「またこの場所やね。たまには向こう側にでも行ってみる?」とカエルさん。「それがいいかもしれんねぇ。」と賛同して橋を渡るのですが、何故だか […]

水辺は夕映えて

いつ来ても、何回撮っても飽きない風景というものはあるもので、この場所なんかはまさにそう。水面に映る夕暮れの色にいつも心惹かれるのですが、今回は少ない水量が面白いコントラストを演出してくれました。岩肌に付いた藻がツルツルと […]

残る色

刻々と変化する夕暮れの空でしたが、最後に撮った一枚がお気に入り。残る色の妖艶さ。陽が落ちて数十分、空腹を我慢して待っていたのは、この情景を見たかったからなのでした。

夕暮れの空は刻々と

焼け始めてから向かうと、いつもならギリギリアウトなのですが、今回は見事に頃合い。刻々と変化する空の色と雲の情景を眺めながら、ときどきレリーズ。どの一瞬も捨てがたいので、枚数多めのエントリーで。