手水舎のひとひら

手水舎にひとひらの銀杏の葉。ちょうどいい具合に陽が射してきたところで一枚拝借。シャッターを切った後で自身の身を清めていないことに気づいたのですが、それはもう後の祭り。この一枚の出来に免じて仏様も許してくださるでしょう、と […]

落ち葉を愛でる

枝の造形美を楽しんだ後は、枯れて散る落ち葉を愛でる時間。鈍色に敷き詰められた絨毯は寺院の荘厳な雰囲気と相俟って、心が鎮まるような風景なのでした。

着地の妙

金毘羅寺には落ち葉が着地するのにもってこいの場所がありまして、うまく着地しているモノを見つけたときの嬉しさといったらもう。

石桶に落ち葉溜まり

欲張りな空の下には、これまた欲張りな落葉の風景。落葉の風景というものは否応なしにワタシの心を持ってゆくのですが、水の張った石桶に散る銀杏の風情を味わうのもなかなか贅沢な気分です。

足下の彩り

サクサクと音を立てて歩く遊歩道。秋晴れの空に映える紅葉が素晴らしくてついつい上ばかりを見上げがちですが、足下にも秋の彩りが落ちているかもしれませんよ。

銀杏散って

青空に映える銀杏もいいものですが、散って落ちた様も素敵ですよね。そういえば、新居浜に銀杏の散り様がフォトジェニックなお寺があるのですが、ここ数年訪れていないことを思い出しました。少し遠いのでなかなか足が向かないのですが、 […]