夕彩の叙情

数年前に撮った菜の花の夕彩。カラーバランスが崩れる時間帯はすべてが叙情的に見えるものですが、オレンジに染まる菜の花の色はより一層琴線に触れるような気がします。

廃農機と菜の花の色

早春の土手で夕暮れを待って、結局のところ期待したほど染まらなかった日。薄暮の土手道に棄てられた農機具は心なしか悲しげに見えたのですが、この季節だけは春の黄色に囲まれてそんなことはないようで。

菜の花のハードボイルド

何気なく撮ったイチマイが気になってしょうがないってこと、ありますよね。夕陽の力強さに染まった菜の花の印象は、ハードボイルド。いつもと違った表情に魅せられて囚われて。

春色の馬場で

馬になんて乗らないクセに乗馬クラブを訪れた理由。それは、馬場の柵を埋め尽くす春の黄色の鮮やかさ。まだ少し冷たい風に吹かれながら、馬の冷たい視線に晒されながら。

しゅーる

住宅街に突然現れたのは、ちょっと異様な菜の花畑。綺麗なんだか汚いんだか。もしかして、何かしらのメッセージが込められていたり・・・しないか(笑