秋桜の静か色

前回の記事で紫色に染まる空の写真を投稿したものだから、その昔に撮ったある一枚を思い出してしまって久々の再現像シリーズでもと思った次第。それは、今はもうなくなってしまった秋桜畑で静かに染まる色彩に癒された記憶。紫色に包まれ […]

飽きない曲線

何はともあれ、彼岸花の曲線にぐぐっと寄る楽しみは格別なのですよ。ピントリングをぐりぐりとやる度に曲線の景色が変化して、それはもう延々とシャターボタンを押せないかと思うほど。と、毎年のようにそんなことをやっているのに、やっ […]

ひと息ついて

もう彼岸花が咲く時期なんですね。ここ何週間かは思考が別の方向へ行ったっきりになっていたので、ややもすれば今年は彼岸花を撮らずに終わっていたかもしれなかったのですが、少しだけ時間を割いて撮影することが出来ました。郊外の歩道 […]

真際の肖像

帰る間際に、もう一度だけ蓮池をひと回り。すると、通路のすぐ脇で何かを訴えてくる蕾がひとつ。他の蕾たちとは佇まいを異にして、その雰囲気は独特なものなのでした。咲きひらく間際だったのか、はたまた衰残の間際だったのかはわかりま […]

雨を纏って

雨上がりの蓮池を独り占めする贅沢。平日の早朝、オマケに先ほどまで雨が降っていたとなれば、さすがに訪れる人もいないのでしょう。となれば、何の気兼ねもなく撮影に没頭できるハズなのですが、今年の弁天池は少し遅れ気味なのかもしれ […]

薄明の蓮蕾

雨上がり、薄明の弁天池で蓮蕾を狙う至福の時間。今シーズン初の蓮撮影はやはり蕾からということで、少し霞がかった幻想的な雰囲気の中で好みの蕾を探すことしきり。夜と朝が混ざり合う時間の光はなんとなく曖昧で、そんな中で見る蓮蕾も […]