予感

夜勤明けに夕景を撮りに出掛けると、素晴らしい景色に出会えることが多いというのがここ最近のいい流れ。夜勤のシフト最終日に有休を頂いてカエルさんの田舎に一泊二日で帰省できることになったのですが、そう考えるとなにやらいい予感し […]

離愁の空

水面でゆらゆらと揺らぐ雲を眺めているうちに染まってゆく西の空。アレコレとフレーミングを模索して、気の向くままにシャッターを切る心地よさ。そして、帰路を急ぐ車がひと段落した頃に写した一枚は、離愁を湛えた空模様に心惹かれて撮 […]

リフレクションはやめられない

待望した眺望をひとしきり眺めた後で、この素晴らしい水鏡を間近で堪能したいと思うのは言わずもがな。橋の上から田んぼの畦道まで移動して、ゆらゆらと揺らぐ雲を愛でる至高のひととき。グラデーションだけが映り込む世界も素敵ですが、 […]

待望の眺望

夜勤が明けた日の午後、軽〜い睡眠から目覚めたワタシが目にしたものは、雲の調子が抜群な空。「待ってました!!」と辿り着いたのは、通勤途中に見つけた河口近くの田んぼの風景。印象的な雲を映す水鏡を目前に、「さて、どう撮ってやろ […]

向こう岸の風景

焼けそうな夕暮れにいつもの河口。ぶらぶら歩いてみるものの、行き着く先はいつもの場所。「またこの場所やね。たまには向こう側にでも行ってみる?」とカエルさん。「それがいいかもしれんねぇ。」と賛同して橋を渡るのですが、何故だか […]

残光溢れて

薄い雲に覆われていた棚田ですが、ほんの少しの雲の切れ間から漏れる光の印象的なことといったらもう。そして、その雲の形が芸術的なほど美しくて。