残光溢れて

薄い雲に覆われていた棚田ですが、ほんの少しの雲の切れ間から漏れる光の印象的なことといったらもう。そして、その雲の形が芸術的なほど美しくて。

家路につく前に

廃農機と菜の花の風景をひとしきり撮った後、あまりの寒さにソソクサと家路につこうとしていたのですが、こういうときに限って雲の表情が豊かだったりするわけです。連発するくしゃみとじゅるじゅるの鼻水の原因がパーカー1枚で来てしま […]

夕景に映える港の風景

とある休日の夕方、ホームセンターから出てきた瞬間に焼け始めた空。駐車場で撮影するにはキャスト不足だと感じたワタシは、夕景と絡み上手な役者達が集まるとある港へ駆け込んだのでした。夕暮れの色を映す水面の表情に停泊する船の佇ま […]

夜の色に沈む刻

静かに染まった西空と夜の色に沈みゆく水面の情景。海水浴場がまだ家族連れで賑わっている季節に、漂ってくるバーベキューの匂いに惑わされながら撮影した記憶。

じゃこカツと穏やかな空

じゃこカツ。ふとした瞬間に無性に食べたくなりますよね。けれど、ワタシが愛でるソレは、愛車に乗り込んで2時間弱ほど走らなければ巡り会うことができません。思い立ったからといっておいそれと買いに行くわけにはいかないのですが、月 […]

仕舞い込んだ夕空

更新しようと思って現像したまではよかったのですが、筆が進まなくて下書きフォルダに入ったままの記事がちらほら・・・と。こりゃイカンと見返してみたところ、10月に撮った一枚が目に留まったのでした。休日に出窓から撮ったのは間違 […]