パノラマの夕焼け

鮮やかに焼けて雲の表情も最高なのに、荒れ狂う風のせいで避難所と化した展望台。まともに目は開けられず、気を抜くとカメラをセットした三脚すら吹き飛ばされそうな状況。そして、たまに聞こえるカエルさんの悲鳴。となれば、「少しでも […]

荒れ狂う風の中で

カエルさんが雲を創造し終わると、急いで本来の目的地へクルマを走らせます。フロントガラス越しに垣間見える空は刻一刻と彩りを濃くして、ワタシたちの到着を待つばかり。至近距離にクルマを停めて、三脚を担いで階段を駆け上った展望台 […]

雲をつくるひと

休日の夕刻にお気に入りの海岸をまったりドライブ。そして、染まってきたタイミングで近場のロケーションにチェックイン。最近は専らこのパターンで行動することが多いのですが、この日も見事にそれに当てはまった一日でした。平日のわり […]

残照の時間を漂って

艶っぽく染まった色もひと段落して、夜の色が少しずつ迫ってくる時間。「もうこれ以上はなさそうだから、晩メシ買って帰ろうか?」と、少し離れた場所で撮影に勤しむカエルさんにLINEしようとした途端に染まる空は、ワタシたちを引き […]

流れる雲は芸術的に

周りの田んぼに次々と水が入って、まだかまだかと待っていたお目当ての場所にも水が張ったとなれば、あとは雲の調子がいい休日を待つだけなのです。昨年と同様の場所に陣取って空を映す水鏡を眺めてみるのですが、一枚欠けた(予めわかっ […]

際会に染まる彩り

綺麗に染まった水田地帯でひとりぼっちの撮影会。と、ひとしきり撮ったところで背後から聞こえたのは、どこかで聞き覚えのある声なのでした。「こんにちは〜」「あっ、こんにちはっ」と返しながら、誰の声だったかと記憶を辿ること数秒。 […]