真際の肖像

帰る間際に、もう一度だけ蓮池をひと回り。すると、通路のすぐ脇で何かを訴えてくる蕾がひとつ。他の蕾たちとは佇まいを異にして、その雰囲気は独特なものなのでした。咲きひらく間際だったのか、はたまた衰残の間際だったのかはわかりま […]

雨を纏って

雨上がりの蓮池を独り占めする贅沢。平日の早朝、オマケに先ほどまで雨が降っていたとなれば、さすがに訪れる人もいないのでしょう。となれば、何の気兼ねもなく撮影に没頭できるハズなのですが、今年の弁天池は少し遅れ気味なのかもしれ […]

薄明の蓮蕾

雨上がり、薄明の弁天池で蓮蕾を狙う至福の時間。今シーズン初の蓮撮影はやはり蕾からということで、少し霞がかった幻想的な雰囲気の中で好みの蕾を探すことしきり。夜と朝が混ざり合う時間の光はなんとなく曖昧で、そんな中で見る蓮蕾も […]

浄瑠璃寺の春紅葉

鉢植えの赤系紅葉がベランダの隅で鮮やかに芽吹いて、「それならば・・・」と思い立って出掛けてみた浄瑠璃寺。気になる池のほとりに佇む一本のその樹は期待どおりの鮮やかさで、その染まりっぷりはまるで季節を巻き戻したような色彩で。

続・気になる池は晩秋の彩り

浄瑠璃寺の気になる池。今年もいろいろと楽しませてくれたのですが、心残りがないようにもう一枚だけ。以前にエントリーしたモノの別カットになるのですが、下書きフォルダに封印したままボツになるには忍びないなぁ、と。撮影している場 […]

愉快と快感

弁天池への抜け道で、雅やかな紅葉を愛でるひととき。つい先ほどまで帰る気満々だったのですが、今はといえば撮る気満々で、帰るつもりなどこれっぽっちもないようです。形のよさそうなところを探しながら、気持ちのいいアングルを探りな […]