再会

朝の境内の散策がひと段落して道しるべに従って帰路に着こうと駐車場へ向かっていたところ、どうしても気になるモノがあとひとつだけ。水子地蔵さまを囲む狭い水路のような手水舎には、いつも印象的な色彩が映り込んでるんですよね。しゃ […]

最後の一枚

染まった空がさーっと引いて、「さて、帰ろうか・・・」という頃に水面に映る夜の色。もうすでに空には光という光はないのだけれど、落ちてきた妖しげな色はワタシの足を留めるのに十分なほど魅力的。「コレが最後・・・」と思いながら、 […]

離愁の空

水面でゆらゆらと揺らぐ雲を眺めているうちに染まってゆく西の空。アレコレとフレーミングを模索して、気の向くままにシャッターを切る心地よさ。そして、帰路を急ぐ車がひと段落した頃に写した一枚は、離愁を湛えた空模様に心惹かれて撮 […]

待望の眺望

夜勤が明けた日の午後、軽〜い睡眠から目覚めたワタシが目にしたものは、雲の調子が抜群な空。「待ってました!!」と辿り着いたのは、通勤途中に見つけた河口近くの田んぼの風景。印象的な雲を映す水鏡を目前に、「さて、どう撮ってやろ […]

伊予灘は切なく暮れて

初めて訪れた棚田は、上空で列車狙いのドローンが飛ぶというちょっとレアなシュチュエーション。「沿線見えますか?」と聞かれたのですが、「どうなんですかねぇ?ワタシも初めて来たのでわかんないです。」と答えるのが精一杯でした。そ […]

帰りたい、帰れない。

だんだんと薄暗くなってゆく海沿いの棚田は次第にカエルの鳴き声に支配され、気づけばワタシたち以外の人の気配が消えていました。迫る闇と空腹感。ワタシたちもそろそろ・・・と思うのですが、目前に広がるのは夜の色に侵食されつつある […]