秋晴れにノムラモミジ

秋晴れの空に広がるノムラモミジの鮮やかな彩りは、晩秋の頃に森の交流センターを訪れる最大の理由だったりします。見る角度によって印象を変えるその紅色はワタシの時間を束縛して離してくれないほどなのですが、それがまた苦にならない […]

秋の空はステンドグラス

今年はもうあの一枚で終わらせたつもりだったんですけどね。ふと立ち寄った森の交流センターでまさかの再会。クルマから降りた瞬間に出迎えてくれたのは、色彩豊かなトチノキの葉が広がる風景。色とりどりの葉が秋のひかりに照らされて輝 […]

絵になる被写体

見つけると徐ろに三脚を立てたくなる被写体というのがいくつかあって、ギボウシの群生などはその中のひとつ。白ラインの縁取りが印象的で、どんな感じに仕上げようかと想像しながら撮るのも楽しいところ。今回は少し絵画的に仕上げてみた […]

続・リフレクションはやめられない

水の枯れた川にほんの僅かな水溜まり。小さな橋を渡りながら横目で見やると、先ほどまで沈黙していたはずの水溜まりに生気が宿っていました。「こりゃいいねぇ。」と、クルマに望遠レンズを取りに帰ったのはもちろんなのですが、「またリ […]

凌霄花は微炭酸の風合い

ノウゼンカズラの花が垂れ下がる様を眺めていると、ジワリと滲み出る汗もスーッと引いていくような気分になりませんか? ファインダーに映る淡いオレンジ色はシュワシュワと音を立てているように思えて、それはまるで爽やかな微炭酸のよ […]

呼ばれた理由

アガパンサスが群生する姿が遠目から見えて、ふらふらと吸い寄せられる必然。しかし、撮影できるところまで近づくと、そのほぼすべてが終わりかけであることに気づいて落胆することしきり。ただ、ぽつんとひとりで倒れている彼女に気づい […]