淡色棚田の影絵アート

淡く染まる棚田の光と影の情景。望遠レンズで切り取ったその風景はいつか見た影絵アートのような味わいで、ファインダーを覗いている間だけは現実の世界から逃避行できるような気がするのでした。

名残る色の印象

「今日は焼けるでしょ。」と意気込んで出掛けてみたものの、成果のない遠い寄り道をしてしまったせいで日没ギリギリで到着した双海の棚田。綺麗なオレンジ色は数枚撮ったところで身を潜め、迫る色は淡く静かに辺りを染めて。それでも、少 […]

伊予灘は切なく暮れて

初めて訪れた棚田は、上空で列車狙いのドローンが飛ぶというちょっとレアなシュチュエーション。「沿線見えますか?」と聞かれたのですが、「どうなんですかねぇ?ワタシも初めて来たのでわかんないです。」と答えるのが精一杯でした。そ […]

帰りたい、帰れない。

だんだんと薄暗くなってゆく海沿いの棚田は次第にカエルの鳴き声に支配され、気づけばワタシたち以外の人の気配が消えていました。迫る闇と空腹感。ワタシたちもそろそろ・・・と思うのですが、目前に広がるのは夜の色に侵食されつつある […]

酔い痴れる刻

瀬戸内の島影に太陽が隠れて、ほんの少しずつ色味を変えてゆく棚田の風景。オレンジ色が抜けるかわりに、少しずつ混ざってくるワインレッドの印象。何処からともなく現れた軽トラのおじちゃんも、車を停めてこの景色に酔いしれるわけです […]

伊予灘に夕陽は落ちて

朝勤が終わった日の夕方、焼ける雰囲気を感じて再び訪れてみた双海の棚田。「雲がないのが残念ですね。」「そうですねぇ。でも、いい色に染まりそうですよ。」などと偶然同じ場所に陣取った初老の紳士と談笑しながら夕暮れを待つひととき […]