何年か前に庚申庵で出会った和傘の彩り。淡い紫色が初夏の風に揺れる庭園は、藤の花を愛でる人々で賑わっていました。またいつか、そんな光景を見れることを切に願いながら。