古屋と木蓮

広田村での桜散策の折り、散り際の木蓮を見つけて思わずシャッターを押した一枚。満開の頃に出会いたかったと思う反面、散り際だからこそ琴線に触れたのかもしれないとも思ってみたり。

静かな賑わい

広田村でふらり桜散策。学校に咲く桜はなにかと感情移入してしまう存在なのですが、校庭に人影がひとつもないと少し寂しく感じてしまいます。満開の花は春の風に賑わっているのですが、その賑わいも見てくれる人がワタシとカエルさんのふ […]

因縁の桜

桜を求めてクルマを走らせた休日。目的地とは違った場所で停車するのはいつものことなのですが、緊急停車した先が数年前に緊急停車した場所と一緒だったというのは何かの因縁なのでしょうか。車を停めて散歩していると当時の記憶がだんだ […]