帰り際の一枚

いよいよ日暮れが近づいてきた小田深山。 寒さから逃げるように退散を決め込んだものの、あと一枚だけ・・・と三脚を立てた渓谷の風景。 色づきのグラデーションもさることながら、絶妙に広がる枝ぶりに見惚れたもので。

待ち惚けの果てに

雲は分厚いし、太陽は山陰に隠れそうだし、それでも・・・と思ってひかり待ち。 岩に腰掛けて眺めてみて、それがそのうち散歩になって、そろそろホントに退屈になってきたところで。

橋を渡って

あの橋を渡りきったところで振り返ってみた光景。 もちろん三脚が必要だったわけですが、個人的にはこちらのほうがツボでした。

この橋を渡る前に

偵察のつもりで訪れたものの、思いのほか色づいていた小田深山。 いつもの橋もなかなかにいい感じで、渡る前に三脚でも立ててみようかと思うくらい。 こんなことなら早起きするんだった・・・と思っても、後の祭りというものですよねぇ […]

五色の紅葉

染まりが浅い小田深山渓谷をぶらぶらと歩きながら、ふらりと降りた五色河原。 石橋を渡り始めたところで気づいた頭上の彩り。 ソレは確かに、五色あるような、ないような。