薄暮に染まる棚田の情景

日没から15分。薄暮に包まれる棚田には、徐々に静寂が漂い始めます。ロイヤルブルーに染まりゆく空が張られたばかりの水面に落ちて、映し出されるのは美しいグラデーション。影絵のような世界に魅了されて癒されて、今回の井内の棚田は […]

家路につく前に

廃農機と菜の花の風景をひとしきり撮った後、あまりの寒さにソソクサと家路につこうとしていたのですが、こういうときに限って雲の表情が豊かだったりするわけです。連発するくしゃみとじゅるじゅるの鼻水の原因がパーカー1枚で来てしま […]

夕彩の叙情

数年前に撮った菜の花の夕彩。カラーバランスが崩れる時間帯はすべてが叙情的に見えるものですが、オレンジに染まる菜の花の色はより一層琴線に触れるような気がします。

水辺は夕映えて

いつ来ても、何回撮っても飽きない風景というものはあるもので、この場所なんかはまさにそう。水面に映る夕暮れの色にいつも心惹かれるのですが、今回は少ない水量が面白いコントラストを演出してくれました。岩肌に付いた藻がツルツルと […]