淡色棚田の影絵アート

淡く染まる棚田の光と影の情景。望遠レンズで切り取ったその風景はいつか見た影絵アートのような味わいで、ファインダーを覗いている間だけは現実の世界から逃避行できるような気がするのでした。

名残る色の印象

「今日は焼けるでしょ。」と意気込んで出掛けてみたものの、成果のない遠い寄り道をしてしまったせいで日没ギリギリで到着した双海の棚田。綺麗なオレンジ色は数枚撮ったところで身を潜め、迫る色は淡く静かに辺りを染めて。それでも、少 […]

海岸線のさくらトンネル

桜の額縁の中を爆走するさくらライダーを撮った後は、海岸線へと抜ける桜のトンネルを眺めてみたり。水色のガードレールが映えるのはもちろんですが、白いヤツもなかなか小粋じゃないかと思ってみたり。

海沿いのさくらライダー

つい一週間ほど前には咲いていなかった桜が目に眩しい春色の海岸線。桜の額縁をつくってお気に入りの水色ガードレールを配置して、あとは主役の登場を待つばかり。と、思っていたところに轟く重低音。何処の誰かは存じ上げませんが、これ […]