再会

朝の境内の散策がひと段落して道しるべに従って帰路に着こうと駐車場へ向かっていたところ、どうしても気になるモノがあとひとつだけ。水子地蔵さまを囲む狭い水路のような手水舎には、いつも印象的な色彩が映り込んでるんですよね。しゃ […]

続・リフレクションはやめられない

水の枯れた川にほんの僅かな水溜まり。小さな橋を渡りながら横目で見やると、先ほどまで沈黙していたはずの水溜まりに生気が宿っていました。「こりゃいいねぇ。」と、クルマに望遠レンズを取りに帰ったのはもちろんなのですが、「またリ […]

最後の一枚

染まった空がさーっと引いて、「さて、帰ろうか・・・」という頃に水面に映る夜の色。もうすでに空には光という光はないのだけれど、落ちてきた妖しげな色はワタシの足を留めるのに十分なほど魅力的。「コレが最後・・・」と思いながら、 […]

離愁の空

水面でゆらゆらと揺らぐ雲を眺めているうちに染まってゆく西の空。アレコレとフレーミングを模索して、気の向くままにシャッターを切る心地よさ。そして、帰路を急ぐ車がひと段落した頃に写した一枚は、離愁を湛えた空模様に心惹かれて撮 […]

リフレクションはやめられない

待望した眺望をひとしきり眺めた後で、この素晴らしい水鏡を間近で堪能したいと思うのは言わずもがな。橋の上から田んぼの畦道まで移動して、ゆらゆらと揺らぐ雲を愛でる至高のひととき。グラデーションだけが映り込む世界も素敵ですが、 […]

待望の眺望

夜勤が明けた日の午後、軽〜い睡眠から目覚めたワタシが目にしたものは、雲の調子が抜群な空。「待ってました!!」と辿り着いたのは、通勤途中に見つけた河口近くの田んぼの風景。印象的な雲を映す水鏡を目前に、「さて、どう撮ってやろ […]