ツートンカラーは帰り際に

日没から数十分。モニター画面には手ブレ警告のマークが点灯し始めて、そろそろ潮時かと思う頃。鶴の一声ならぬカエルの一声が響き渡り、それは瞬く間に大合唱へ。そんな時間に目に留まった水田のツートンカラー。ぐぅと鳴るお腹を諫めな […]

夕景は水田を染める

夏が来る前の情景が好きです。ノウゼンカズラが咲いて落ちる風情とか蓮池の雰囲気とか。そんな情景の中でも特に好きなのが、水田を染める夕景の色。景色そのものも沁みるのですが、少し湿った風が吹き抜ける感覚とか水路を流れる水の音が […]

蓮池の入り口

この時期になると、毎週のように通うことになる浄瑠璃寺。 今朝はどのくらい咲いているのか・・・と、ドキドキしながら向かう蓮池の入り口にて。

水鏡

日没から15分後、誰もいなくなった棚田ではグラデーションの上映会。 静かにシャッターを切りながら、終りの余韻にひたるひととき。

水面で滲む叙情

水彩画のような色彩の反対側では、傾きかけてきた太陽が演出するドラマティックな風景画。 水面で滲む空と雲は、見上げるソレより叙情豊かに感じられて。