静寂の炎

形のいいカエデの枝葉を見つけたのはいいけれど、背景が気に入らなくて攻めあぐね。ということで、光が動くまで待ってみようと決めた結果がコチラ。「来るかな?」と思いつつなかなか来ないので心が折れそうになりましたが。というのが、 […]

その赤、重厚にて

歩道から眺める川辺のカエデの赤い群れに心惹かれて。ニュアンスの違うそれぞれの赤が、綺麗というより重厚と表現したくなる装い。

照紅葉は突然に

あまりにも収穫の少ない紅葉散策の帰り道、ほんの少しの期待を込めて知らない道を走ってみるのですが、フロントガラス越しに見えるのはあまりにも長閑な田舎の風景。そして、その風景は何の面白味もない山道へと姿を変えて、いよいよ諦め […]

浄瑠璃寺の春紅葉

鉢植えの赤系紅葉がベランダの隅で鮮やかに芽吹いて、「それならば・・・」と思い立って出掛けてみた浄瑠璃寺。気になる池のほとりに佇む一本のその樹は期待どおりの鮮やかさで、その染まりっぷりはまるで季節を巻き戻したような色彩で。

青紅葉の風流

ふと思い立って、青紅葉の淡い姿を再現像。木漏れ日の優しいひかりに浮かぶ出で立ちは、ずっと眺めていたくなるほど風流なもの。細い山道に迷い込んで、人ひとりとの離合も困難そうな道をやっと抜けて、冷や汗が乾き切らないうちに出会っ […]

仕来りの一枚

鈍い紅色の樹の下に潜り込んで、透ける光で楽しむことしきり。こういうときは、カタチのいい枝葉を探して寄って撮るのがワタシの仕来り。それにしても、つくづく美しい色ですねぇ。