参道は異世界の様相

異世界への門をくぐったワタシが見たものは、参道脇の紅葉が散って階段を彩る風景。すべての紅葉が一斉に色づけば印象は一変するのかなぁ・・・と思いながらも、これはこれで味わい深いなぁ・・・とも思ってみたり。

冷ややかな空気が流れる朝の妙法寺。境内から参道へと続く門から見えるのは、僅かながらの落葉の絨毯。その薄暗さも相俟って、その先はまるで異世界のようで。

安堵の一枚

西山興隆寺を後にしたワタシとカエルさんが次に向かったのは、東温市河之内にある金毘羅寺。鐘撞堂の紅葉が色づいていないのは予想通りだったのですが、毎年真紅に色づく抜け道のカエデの樹がすでに散っていたのは全くの想定外。あまりの...

白壁のざわめき

紅葉の色づきがまだまだだと参道を登る足取りも重くなりがちなのですが、そんなワタシを見兼ねたのか、ふと視界に入った白壁にカエデのざわめき。秋風に揺れるたび、それはまるでプロジェクション・マッピングのような面持ちで。

西山興隆寺の僅かな色づき

ある秋の日の休日、ワタシとカエルさんを乗せたハスラーが桜三里を越えたのは、何年か振りに西山興隆寺を訪れるため。紅葉寺と呼ばれるほどの名所なのですが、色づきのいいタイミングで訪れたことがない印象があってずっと敬遠気味なので...