色づきは鈍行

色づきが待ち遠しい樹ほどなかなか色づかないのは何故なんでしょうね。
東温市にある金毘羅寺の鐘撞堂に寄り添うカエデの樹。
大胆に湾曲する立ち姿が印象的な一本なのですが、綺麗に色づいたときの美しさは特筆モノです。
先週訪れたときは「あと一週間かな?」と思ったのですが、今日の状態もご覧の通り。
また一週間、ヤキモキしながら過ごすことになりそうです。

コメントを残す