残骸の世界

春の休日は、淡い黄色に誘われてふらふらと。
ひとつめの丘を越えて迷い込んだのは、ビニールハウスの残骸の世界。
やさしさに包まれて、希望のひかりに満たされて。

コメントを残す