桜の風景と拗ねたカメラ

しばらく撮っていないと、被写体を見つける能力も低下するようです。
桜を求めて飛び乗ったハスラーだったのですが、目ぼしいロケーションにたどり着くことはなく2時間ほどが経過。
となると、桜の風景はあきらめモードに突入して、純粋にドライブを楽しむ気分になるわけです。
けれど、探すのをやめると見つかるというのはホントのことで、ゆるいカーブを抜けて目に飛び込んできたのは探し求めていた桜の風景。

と、少し興奮気味に撮影に望んだわけですが、久しぶりに使うカメラはちょっと拗ねた感じで、うまく写してくれないのでした。
などと、切り取り方がイマイチなのをカメラのせいにすると、ホントにDPが拗ねてしまうかもしれませんね(笑

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください