待ち惚けの果てに

雲は分厚いし、太陽は山陰に隠れそうだし、それでも・・・と思ってひかり待ち。
岩に腰掛けて眺めてみて、それがそのうち散歩になって、そろそろホントに退屈になってきたところで。

コメントを残す