帰り際の一枚

いよいよ日暮れが近づいてきた小田深山。
寒さから逃げるように退散を決め込んだものの、あと一枚だけ・・・と三脚を立てた渓谷の風景。
色づきのグラデーションもさることながら、絶妙に広がる枝ぶりに見惚れたもので。

コメントを残す