仕来りの一枚

鈍い紅色の樹の下に潜り込んで、透ける光で楽しむことしきり。
こういうときは、カタチのいい枝葉を探して寄って撮るのがワタシの仕来り。
それにしても、つくづく美しい色ですねぇ。

コメントを残す