残る色

刻々と変化する夕暮れの空でしたが、最後に撮った一枚がお気に入り。 残る色の妖艶さ。 陽が落ちて数十分、空腹を我慢して待っていたのは、この情景を見たかったからなのでした。

夕暮れの空は刻々と

焼け始めてから向かうと、いつもならギリギリアウトなのですが、今回は見事に頃合い。 刻々と変化する空の色と雲の情景を眺めながら、ときどきレリーズ。 どの一瞬も捨てがたいので、枚数多めのエントリーで。

夕刻の記憶

そういえば、昨年の夏はヒグラシの声があまり聞こえなかった夕刻の記憶。 今年はどうかと少し心配しながらの定点観測でしたが、せつなく響くヒグラシの声はいつもどおりの音量でひと安心。 クルマのシルエットが少し違ったようでしたけ […]

夏暮れの色

ゆっくりと暮れてゆく夏の夕暮れは、物悲しさよりも暑さが緩む安堵感が漂う雰囲気。 用水路を流れる水の音とトンボの羽根の輝き、そして、向日葵の黄色に和むひととき。 蝙蝠が飛んでいれば最高だったのに・・・と思わないでもなかった […]

幻の海原

空と海の境目は曖昧で、波の音は聞こえるはずもなく・・・。 それなのに揺らめく眩しい光。 そう、木々の間から現れる海原の輝きは、まるで幻のように見えるのでした。

ふとした瞬間に

何に惹かれたのかは忘れたけれど、そんなイチマイのほうが沁みる法則。 そして、そんなイチマイを眺めてはニンマリとする自分に気持ち悪さを感じて(笑