夕景が見たくて

投稿日:

せっかくの三連休なんだから、ちょっと遠出して夕景が見たいな。なんて、突然思いついて辿り着いたのは、瀬戸内海のとある島。高速代を使いたくないカエルさんを説得して、半ば強引に(アレ?)渡ったしまなみ海道。あまり橋を渡りすぎると機嫌を損ねる危険があるので(アレレ?)、渡った橋はひとつだけ。大島南ICを下りて向かったのは、巨大な亀が鎮座まします亀老山展望台。

確か、ここには一回だけ来たことがあるハズ。8年ほど前のGWだったかなぁ?「お願い。大島に行って謝ってきて。」って、いきなりそんなこと言われて、大島のコンビニに頭下げに来た苦〜い記憶。その帰り、少しだけ寄り道して、休日の気分をチョットだけ味わった懐かしい記憶。などと、昔話に花を咲かせてたら、カエルさんのテンションも上がってきたんじゃないですか?しめしめ。

 

 

しかし、あれですね。瀬戸内海って、ホントに美しいですね。島々が点在する情景の、なんとノスタルジックなことか。写真がショボいからあまり伝わらないかもしれませんけど、この風景は圧倒的です。できれば、いろんな島に立ち寄って、いろんな景色を楽しみたい。きっと、その島でしか見れない特別な風景があるんでしょうね。なんて、カエルさんもそう思ってくれてますかね?もしそうなら、次回以降はもう少し楽に説得できるかもしれないなぁ(笑) とりあえず、今日の機嫌はすこぶるよかったように感じましたけど?

あ、そうそう。肝心の夕景、豪快には染まらなかったけれど、淡く糸をひくような染まり方で、これはきっと、もう一回来てみなさいと言われてるのだろう、と。これはやはり、カエルさんの説得が必要なようですねぇ・・・。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください