灼熱の弁天池

3連休の最終日は、何故か5時半に目が覚める不思議。となれば、向かう先は決まっているようなものです。今シーズン3回目の浄瑠璃寺。そこそこ花は咲いているけれど、まだまだ蕾が多いように感じました。とはいえ、たった一輪でも神秘的な花。すでに陣取っているカメラマンさんたちも、一心不乱にファインダーを覗いています。これでは、暑さに辟易しているワタシがぐうたらカメラマンに見えてしまうじゃないですか(笑


最近は望遠系を使うことが少なくなったのですが、被写体になかなか近づけない蓮池だとそれはまた別のハナシ。久しぶりに持ち出した85mmの画角に少し戸惑いながら、昔のフィーリングを思い出す作業。忘れかけていた中望遠の距離感が少しずつ戻ってきて、その感覚がなかなか楽しかったりします。

それにしても暑い。どこの蓮池もこんなに暑いのかは知りませんが、弁天池はとにかく暑い。あっという間に背中はびちょびちょ、頬をつたう汗は滝のようです。もう少し粘ってみたい気持ちとは裏腹に、身体は日陰を欲しています。ということで、今日のところはこれで撤収。またの機会を伺ってみることにしましょうか。なるべく今シーズン中に(笑

10

コメントを残す