夏暮れの色

ゆっくりと暮れてゆく夏の夕暮れは、物悲しさよりも暑さが緩む安堵感が漂う雰囲気。 用水路を流れる水の音とトンボの羽根の輝き、そして、向日葵の黄色に和むひととき。 蝙蝠が飛んでいれば最高だったのに・・・と思わないでもなかった […]

第一印象

まだまだ手探りですが、相性はいいような気がします。 とりあえず、フロントビューがお気に入り。 あと、コーナーは攻めるべきではない・・・かな?

シクラメンの幻想世界

この季節に温室を訪れる理由。 独特の香りが充満するハウスに入った途端、気分はすでにおやゆび姫のよう。 極端に狭い通路にしゃがみ込んで、シクラメンの世界を旅します。 僅かに射し込むやわらかい光が、幻想的な雰囲気を演出して・ […]

激情のコントラスト

寒波が訪れた週末に海岸線をドライブなんかしていると、クルマを停めてガードレールを飛び越えたくなる衝動に駆られませんか? ガードレールを飛び越えた先で待っていたのは、激情の海が創造する青と白のコントラスト。 荒ぶる波の表現 […]

金物店の侘び寂び

この年末年始、7連休のうちのどこかでガッツリ撮影する日を作ろうと思ってたんですけどね。 そう思えば思うほど、雑用に追われて何も出来なくなるという不条理。 結局、古い友人とふらりと訪れた内子で何気なく撮った数枚しかストック […]

年賀状作成とその顛末

結局、大晦日の夕方まで年賀状は仕上がることはなかったという顛末。 一度は完成したかと思われたデザインは、少しずつカタチを変えて色を変えて。 こうなってくるともう収拾はつかなくて、どれもが正解に見える始末。 ということで、 […]