甘い香りに包まれる丘

いつもと同じだろうから、今年はやめとこうかな・・・。 そんなことを考えていたのだけれど、やっぱり来てしまうものですね。 海風に乗って甘い香りが漂う丘。 いつもの場所から見降ろして、いつものように和むひととき。 そして、い […]

スキマの秋彩

ちょうど3年前の小田深山。 建物のスキマから見えた秋の色が印象的だった記憶があります。 気に入っていたわりには、何故か封印したまま忘れていたのですが・・・。

時の流れと流れる雲

懐かしい場所から焼けた空を眺めた後、昔よく泳いだ海岸へ移動して更なるノスタルジーに身を委ねようとしたのですが・・・。 目前に広がっていたのは、埋め立てられて工場と公園に姿を変えてしまった、かつて海岸であったはずの景色。 […]

染まる記憶

雨上がりだから焼けるでしょ・・・と繰り出したものの、目的地は決めていないいつものパターン。 こういうときは、ふと立ち寄ったスーパーの駐車場とかで、ふと思いついたりするわけです。 3歳まで住んでいた場所で眺める夕景はどんな […]

池のほとりの雅やか

浄瑠璃寺の池のほとりにあるのは、万年色づくカエデの樹。 もっと紅葉らしく見える部分もあるのだけれど、ワタシが好きなのはこんな色。 穏やかで、じんわりと心に染み入る雅やか。