造形美

北谷で曼珠沙華を楽しんだ後は、スペルブムの群生を撮ることがここ数年のお約束。 コンクリートブロックの壁を覆い尽くすほど壮観な景色もさることながら、肉厚の葉が織り成すその造形美に強く惹かれます。 仕上がりの方向性は、相変わ […]

ワンパターン

フォビオンで撮りたいシュチュエーションというのは明確にあって、例えばこういう被写体はDPじゃなきゃダメなんですよね。 被写体を見つけた途端、DPを掴んでダッシュしてるというパターン。 仕上がりの傾向もワンパターン極まりな […]

レトロデザイン

廃自販機って惹かれませんか? レトロなデザインがミョーに新鮮で、錆が纏わりつく佇まいは閑寂の趣き。 とはいえ、これだけ大胆に切り取ると、寂れた感じは薄れてしまうのでしょうけど。 まあ、それにしても、なんとも豪快な飲みっぷ […]

スキマの夏空

暑いですねぇ。 夏は嫌いではないのですが、こんなに暑いのは問題ですね。 まず、休日に撮影に出かける気になりません。 その気になったとしても、数枚撮ったところで撤収してしまうとか。 なので、豪快で爽快な夏空でさえ、隙間から […]

紫陽花の葉の重厚

紫陽花は枯れても味わい深いというけれど、葉っぱだけでも十分鑑賞に耐えると思うのです。 透過光で見る爽やかな黄緑も素敵ですが、重々しい雰囲気を纏う姿は神々しくもあり・・・。

終わりの頃の佇まい

今年も時期をハズしてしまった紫陽花。 いろいろと訪れたい場所はあったのですが、気づけばもう終わりの頃。 けれど、色褪せてきた花の佇まいも決してキライじゃなかったりするのです。