残る色

刻々と変化する夕暮れの空でしたが、最後に撮った一枚がお気に入り。 残る色の妖艶さ。 陽が落ちて数十分、空腹を我慢して待っていたのは、この情景を見たかったからなのでした。

夕暮れの空は刻々と

焼け始めてから向かうと、いつもならギリギリアウトなのですが、今回は見事に頃合い。 刻々と変化する空の色と雲の情景を眺めながら、ときどきレリーズ。 どの一瞬も捨てがたいので、枚数多めのエントリーで。

薄紫に染まるころ

夜が忍び寄ってきて好みの色に染まり始めると、三脚を担いで河原までダッシュしてしてしまいますよね。 そして、つるつると滑る石ころのうえで液晶画面を眺めながら、薄紫の世界に酔いしれる寸刻の幸せ。