Blog

SDIM1497

カエデの主張

Photos / SnapPosted on 散った桜に想いを馳せているうちに、季節は巡って新緑の頃。 ベランダのカエデも控えめに自己主張?
IMG_7610

赤に決めた

Nature / PhotosPosted on どの色にピントを合わせようかと迷うこと7秒。
DSCF7958

散り姿

Nature / Photos / SnapPosted on 図らずともデザイン的。
DSCF7961

おとしもの

Nature / PhotosPosted on 拾ってはみたものの・・・。
dscf7848

夕映えの妖しげ

Nature / Photos / TwilightPosted on その日見た夕映えの情景は、そこはかとなくゴシック調で。
sdim1338

カロウジテ

Nature / Photos / TwilightPosted on 近づくと逃げてゆく夕暮れの色。 追いつけそうにないのなら、完全に逃げられる前に。
img_7596

春の黄色はいい気分

Nature / PhotosPosted on 春の黄色に囲まれて気分がいいのは、ガードレールだけじゃなかったようで。
img_7586

気分は上々

Nature / PhotosPosted on 菜の花が土手を黄色く染める季節。 殺風景なガードレールも、些か気分がいいような。
img_7502

夕照の残り香

Nature / Photos / TwilightPosted on 今にも消え入りそうに、淡く淡く。
img_7486

波消しブロックの向こう側

Photos / TwilightPosted on 少し野暮ったいシルエットの向こう側では、なめらかに染まる波の色。 図らずとも、絶妙のコントラスト。
img_7461

浜辺が輝く時間

Nature / PhotosPosted on 浜へと降りる道すがら、輝く浜辺に目を奪われる夕暮れ待ちのひととき。
sdim1963-3

千重の美

Nature / PhotosPosted on なぜでしょう? 花びらが多い花には、不思議と惹かれるのです。
img_8393

メッセージ

Nature / PhotosPosted on 物言いたげな葉っぱがひとつ。
img_8412

落花の妙趣

Nature / PhotosPosted on 落ちモノには目が無いって話、しましたっけ? それが赤いシクラメンだったりすると、もう俺得以外の何者でもないわけでして。 そして密かに、配色の妙。
img_8410-2

色は淡々

Macro / PhotosPosted on 淡い白に薄い紫の印象。 シクラメンは赤が圧倒的に好きなのは言わずもがな。 なのですが、こういう色もたまにはいいと思うのです。
img_8365_01

陽炎のシクラメン

Nature / PhotosPosted on 狭い通路にしゃがみ込んで、望遠ズームを覗く至福の時間。 たとえヘンな人扱いされようとも(笑
img_2420

ラナンキュラスの春待ち色

Macro / PhotosPosted on ハウスの中のラナンキュラスは、ひと足先に春の色。 淡い色合いに、春待ちの気持ちをのせて。
sdim1585-2

草枯れの美

NaturePosted on 枯れて輝く草色の美しさ。
sdim1101_m

余韻嫋々

Nature / PhotosPosted on そういえば、ハッキリと終わらせてなかったですからね。 まだ撮る機会はあるだろうと思いつつ、エントリーできなかった落葉の情景をイチマイ。
img_7429

いろどりは温かく

Nature / PhotosPosted on やさしい陽射しが降ってきて、温かい気持ちになれた日の色どり。
dscf7159

橙色の印象

Nature / PhotosPosted on 黄色の中に見つけた、淡い橙色の印象。
dscf7132

竹林に降る秋

Nature / PhotosPosted on いつもの竹林に秋色が降ってきて、風のメロディが聴こえた日。
dscf7246

この一枚

Nature / Photos / SnapPosted on 足元からお気に入りの一枚を見つける楽しみ。
dscf6929

秋の光と紅葉変げ

Nature / PhotosPosted on 少し変化のある紅葉が光に映えて、ワタシのココロはドキドキして。
dscf7069

紅艶

Nature / PhotosPosted on 妖艶すぎるほどの紅は、ふわりと撮るのがいい感じ。
dscf6902

手水舎は秋色

Nature / PhotosPosted on 手水舎が秋色に染まって、手を洗わずに撮ってばかりいるオヤジがひとり。
dscf6882

小春日和

Nature / PhotosPosted on 心が弾む色に、上着を一枚脱ぎ捨てたい気分。
dscf6747

車窓から

Photos / TwilightPosted on 夕暮れどきの赤信号はウェルカムなのですが、イイトコロで停まらないという歯痒さ。
dscf6781

貼り絵の空

Nature / PhotosPosted on 見上げた空は、切り抜いた色紙を散りばめたような印象。
dscf6867

初秋水彩

Nature / PhotosPosted on いま一歩な色づきも、水面に映してみれば。
dscf6817

はじまりの黄色

Nature / PhotosPosted on 始まりは、爽やかな色の組み合わせで。
dscf6713

残照の水鏡

TwilightPosted on 残照を待って、また酔いしれて。
dscf6647

夕暮れ港の水鏡

TwilightPosted on 雨上がり、港には水鏡が出現するらしいと聞いたもので。
dscf6613

港のトワイライト

TwilightPosted on 刻一刻と表情を変える雲に、帰ることができなかったワタシ。
dscf6594

ニシノソラ

Sky / TwilightPosted on とりあえず西を目指して正解だった休日の終わり。
imgp6922

空は秋色

Photos / TwilightPosted on 秋になると、ついつい空ばかり眺めてしまいます。
imgp6916

郷愁のステーション

Photos / Snap / TwilightPosted on 電車に乗る機会なんて滅多にないのに、線路とか駅の風景に郷愁を覚える不思議。
imgp6928

海岸線の夕暮れは

Photos / TwilightPosted on 夕暮れどきに海岸線をドライブしている素晴らしさ。 なかなか帰れないのは別として。
2329

フェンス越しのノスタルジア

Photos / TwilightPosted on ゲイリー・ムーアのギターソロが脳内再生される夕景。
sdim0824-2

Nature / PhotosPosted on 絡まっているというより、結ばれているように感じたもので。
dscf6284

秋の赤ライン

Nature / PhotosPosted on この時期にどうしても探してしまうもの。
img_7243-3

ため息のフォルム

Nature / PhotosPosted on 雨あがりの優しいひかりは、曼珠沙華から妖艶さを奪い去るようです。 それにしても、この繊細なフォルムには、ただただため息・・・。
img_7203_dpp

宝石

Nature / PhotosPosted on 雨あがりに心が弾む理由。
dscf6172

ズレる必然

Nature / PhotosPosted on 花に合わせていたピントが徐々にズレてゆく必然。 たとえ望遠レンズじゃなくとも。
img_7133

始まりのピンク

Nature / PhotosPosted on 秋の始まりはこのピンクから。 と思って来てみたら、まさかの終わりかけで唖然。 どうにかこうにか見れるところを見つけて、強引に秋の始まりを取り繕ってみたイチマイ。
img_7197

誘い

Macro / Nature / PhotosPosted on リコリスの蕊の曲線が、秋の訪れを告げているようで。
SDIM0727_m_01

葉脈の造形

Nature / PhotosPosted on ついつい撮りたくなるんですよね。 クッキリと浮かび上がってるほどソソります。
DSCF4820

Color scheme

Photos / SnapPosted on ハッと思った配色の印象。 好みの色ではないのが残念だけれど(笑
DSCF5357

アガパンサスの涼感

Nature / PhotosPosted on 涼しげな色彩がファインダーの中で揺れる心地よさ。 そのわりに、滴る汗は止まらないのだけれど。
SDIM2272

残照

Photos / TwilightPosted on 闇がひかりを奪ってゆく冷酷な時間の美しさ。
DSCF5824

リアリティ

Photos / SkyPosted on 染まる夕空。 けれど、出窓から眺めるその景色は、意外なほどリアリティがないわけです。 なので、思わず脳内でヒグラシの声を再生してみたりして。
IMG_7108

ひまわりの不条理

Nature / PhotosPosted on 透過光が好きなのに、向日葵はこちらを向いてくれない不条理。 けれど、透けた黄色はやはり綺麗で、嬉々として後ろ姿を狙う定石。
SDIM0655_m

常ナラズ

Nature / PhotosPosted on 線香の匂いに般若心経の旋律。 そして、境内に佇む一輪の紫陽花。 その姿は、「生と死の理」を悟ったように儚げで。
IMG_6975-001

蓮池のガォー

Nature / PhotosPosted on 「ガォーじゃないでしょ」って声もチラホラ聞こえてきそうですけど。
DSCF5607

薄闇の彩

Nature / PhotosPosted on とある茶室の裏側で、ひっそりと佇む紫陽花一輪。 その彩は、薄闇を仄かに照らす灯りのようで。
DSCF5373

面影

Nature / PhotosPosted on 見上げるソラに、のうぜんかつらの面影。 涼しげに、儚げに。
DSCF5532

水田の夏

Nature / PhotosPosted on 滲み出てくる汗を拭いながら眺める田舎の風景。 眩しく光る水面に夏空の水色が淡く溶けて滲んで。
IMG_6964

花ひらく頃

Macro / Nature / PhotosPosted on 待ちきれず訪れた休日の蓮池。 けれど、やっぱり早かったみたいで、咲いてる花はほんの数輪。 そんな中、花ひらく頃の美しさを見つけて喜んで。
DSCF5467

朽ちゆくもの

Nature / Photos / SnapPosted on 窓際のひかりは優しげに、朽ちてゆく葉を美しく包んで。
SDIM2415

眩耀

Nature / PhotosPosted on 朝の光は神々しく。